成長期に好発「骨盤剥離骨折」とは?治療やリハビリとは?

    
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8926

 

スポーツで生じる外傷または怪我の中でも、

“サッカー”で生じやすい疾患の一つに、

「骨盤剥離骨折」があります。

 

とりわけ成長期に生じやすく、

「大事な試合に欠場」

なんてことも少なくありません。

 

スポンサーリンク

 

「骨盤剥離骨折」とは、

骨盤に付着する筋である、

“大腿筋膜張筋”

“縫工筋”

“大腿四頭筋(直筋)”

の強力な収縮力によって、

付着部が骨盤から剥がれるように剥離する疾患です。

 

 

特に生じやすいのは、

“大腿四頭筋(直筋)”であり、

サッカーなどでシュートを打った際などに、

急激に骨との付着部が牽引されて剥離してしまうのです。

 

 

好発年齢は、成長期にあたる小学生や中学生です。

骨盤周囲の強い痛みとともに、

歩くことさえ困難となります。

 

 

成長期の骨折であり、

骨の再生力が豊富ゆえに、

“保存療法”での治療も可能です。

 

 

そこで今回は、成長期に好発する「骨盤剥離骨折」とはどのような疾患か?

そしてその治療やリハビリテーションについて解説します。

 

サッカーで生じやすい疾患はこちら
肉離れの原因やその予防法は?ストレッチが重要?
足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の原因や症状、治療法とは?


スポンサーリンク

「骨盤剥離骨折」とは?

骨盤には、下肢と連結する強力で強大な筋肉が付着しています。

「骨盤剥離骨折」を生じる筋として、

・大腿筋膜張筋
・縫工筋
・大腿四頭筋(直筋)

が挙げられます。

 

大腿筋膜張筋と縫工筋は、腸骨の“上前腸骨棘”に、

大腿四頭筋(直筋)は、腸骨の“下前腸骨棘”にそれぞれ付着します。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8925

サッカーのキック動作など、

これらの筋の強力な収縮力による牽引によって、

付着部が骨盤から剥がれるように剥離する疾患です。

 

 

 

「骨盤剥離骨折」の原因は?

「骨盤剥離骨折」の原因は、

前述した筋による“強力な牽引力”です。

 

成長期には、

筋肉の強度に対して、骨の強度が脆弱であることが発生リスクが高い原因です。

そのため、成人には比較的まれな疾患と言えます。

 

キックのみならず、全力での走行やジャンプ動作にも注意が必要です。

 

 

 

「骨盤剥離骨折」の症状は?

「骨盤剥離骨折」の症状は、

剥離した瞬間の“強い痛み”です。

 

剥離の程度にもよりますが、

筋が牽引するたびに疼痛が生じるので、

走ることはもとより、歩くことも困難となります。

 

 

 

「骨盤剥離骨折」の治療は?

「骨盤剥離骨折」の治療は、

成長期の骨の再生力な期間に好発するため、

“保存療法”が第一選択となります。

小児の骨折の特徴とは?

 

まずは安静が必要であり、

床上で極力身体運動を避けなければなりません。

筋肉の収縮によって、再度牽引力が加わることで骨癒合を遅延させてしまうからです。

 

荷重までの期間やスポーツ復帰までの期間は、

剥離の程度によって大きく異なり、

骨癒合が確認されて、早くとも2-3週以降に歩行が可能となります。

 

骨片が完全に遊離したり、離開が強い場合には、

“手術療法”が適応となることもあり、

スクリューなどを用いた整復術が行われます。

 

 

 

「骨盤剥離骨折」のリハビリテーションは?

「骨盤剥離骨折」後のリハビリテーションでは、

まずは床上の安静による筋力低下の防止が重要です。

 

ただし、受傷要因となった筋の収縮は禁忌であり、

必ず行って良い運動と、行ってはいけない運動を区別しましょう。

 

骨癒合が確認された場合には、

“部分荷重訓練”から全荷重での歩行へと移行し、

最終的にはスポーツ復帰を目指します。

 

この段階では、徐々に筋への負荷も増やしながら筋力訓練を中心に機能回復を目指します。

 

 

 

まとめ

今回は、成長期に好発する「骨盤剥離骨折」とはどのような疾患か?

そしてその治療やリハビリテーションについて解説しました。

突然生じる強い痛みと、歩行不全に陥ることで救急搬送されることも少なくありません。

 

予防を行うためには、

日頃からの十分なストレッチによる筋の柔軟性の確保と、

運動前のウォーミングアップが重要となります。

 

小児に好発する疾患はこちら
小児や子供に多い「上腕骨顆上骨折」とは?リハビリは?
成長期に好発「オスグッド・シュラッター病」の原因や症状、治療法とは?


スポンサーリンク
Pocket