「運動器不安定症」とは?ロコモティブシンドロームとは違うの?

    
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8911

「運動器不安定症」

このような疾患名を聞いたことがあるでしょうか?

 

一般にはあまり馴染みがないかもしれませんが、

このような診断を受ければ、

保険診療でのリハビリテーションを受けることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

「運動器不安定症」は、

高齢化社会において、運動機能の低下が原因で、転倒や予期せぬ事故などで、介護を受ける高齢者が増加したために、

平成18年4月より認められた新たな疾患名なのです。

 

 

「運動器不安定症」の最新の定義は、

「高齢化にともなって運動機能低下をきたす運動器疾患により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態」

となっています。(日本運動器科学会 2016)

 

 

また、最近では似たような言葉として

「ロコモティブシンドローム」があり、

両者を混同して用いてしまうことも少なくありません。

 

 

しかしながら、似たような概念である両者にも違いがあります。

そこで今回は、「運動器不安定症」とは何か?

そして、ロコモティブシンドロームとの違いなどについて解説します。


スポンサーリンク

「運動器不安定症」とは?

「運動器不安定症」は、冒頭にも述べたように、

“高齢化にともなって運動機能低下をきたす運動器疾患により、バランス能力および移動歩行能力の低下が生じ、閉じこもり、転倒リスクが高まった状態”

と定義されます。

 

「運動器不安定症」は、明確な診断基準が存在しており、

日常生活自立度、運動機能テスト、

そして以下に示す11の状態に当てはまる時に診断されます。

日本運動器科学会によると、

 

機能評価基準

1. 日常生活自立度判定基準ランクJまたはAに相当
2. 運動機能:1)または2)
1)開眼片脚起立時:15秒未満
2)3m timed up-and-go(TUG)テスト:11秒以上

高齢化にともなって運動機能低下をきたす11の運動器疾患または状態
脊椎圧迫骨折、各種脊柱変型(亀背、高度腰椎後弯・側弯など)
・下肢骨折(大腿骨頚部骨折など)
骨粗鬆症
・変形性関節症(股関節膝関節など)
腰部脊柱管狭窄症
・脊髄障害(頚部脊髄症、脊髄損傷など)
・神経・筋疾患
関節リウマチおよび各種関節炎
・下肢切断後
・長期臥床後の運動器廃用
・高頻度転倒者

注:日常生活自立度ランク
  J:生活自立   独力で外出できる
  A:準寝たきり  介助なしには外出できない

 

このように明確な診断基準が存在します。

主として整形外科を中心として診断されることが多く、

診断後は保険診療下でのリハビリテーションを受けることが可能となります。

 

下肢を中心とした筋力訓練や、バランス訓練、歩行訓練など、

その人にあった訓練内容を提案し、機能改善を目指します。

 

 

 

「ロコモティブシンドローム」とは?

「ロコモティブシンドローム」とは、

2007年に日本整形外科学会によって提唱された概念です。

 

高齢社会を迎える日本の平均寿命は80歳を越え、

これに伴って運動器の障害が増加しています。

 

このような時代背景に合わせた言葉として、ロコモティブシンドロームが提唱されました。

 

ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)とは、
加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより
運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまったり、
そのリスクの高い状態を表す言葉

日本整形外科学会)より

 

 

 

まとめ:結局両者の違いは?

「運動器不安定症」そして、「ロコモティブシンドローム」両者の定義を見てきました。

非常に似たような概念であるのは確かですが、

その両者の違いは、

 

ロコモティブシンドロームに比し、運動器不安定症はその適応範囲が狭く

診断基準を満たすことで診断されます。

 

一方でロコモティブシンドロームは、運動器不安定症よりも広い概念であり、

明確な診断基準がありません。

 

ロコモティブシンドロームといった広い概念の中に、

運動器不安定症が含まれており、重なる部分も多いがそうでない部分もあるということです。

 

リハビリに関する気になる概念はこちら
「理学療法」って何?リハビリテーションとは違うの?


スポンサーリンク
Pocket