「坐骨神経痛」とは?原因や症状、治療法とは?

    
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%895

 

「坐骨神経痛」

多くの方が悩まされている症状ではないでしょうか?

 

よく勘違いされている方もおられますが、

坐骨神経痛とは、病名ではなく、何らかの疾患に付随する症状の名称です。

 

スポンサーリンク

 

「坐骨神経痛」とは、

“坐骨神経”と呼ばれる

人体最大の神経の障害によって生じる神経痛です。

 

 

坐骨神経痛だから坐骨の痛み、または腰部周囲の痛みと思われている方も多いようですが、

“坐骨神経の支配領域に沿った痛み”であることから、

主に腰より下位の大腿から足先に沿って生じる痛みなのです。

 

 

また、「坐骨神経痛」を病名として捉えている人も多いようですが、

坐骨神経痛は、何らかの疾患に付随する症状のことを言います。

 

 

そこで今回は、「坐骨神経痛」の原因や症状、そして治療法などについて解説します。


スポンサーリンク

「坐骨神経痛」の原因は?

坐骨神経痛は、

腰仙骨神経叢から始まる人体最大の神経である“坐骨神経”が、

何らかの要因によって障害を受けることによって生じます。

 

その原因となる疾患として、

代表的なものは、

・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎椎間板ヘルニア

の二つです。

 

いずれの病態においても、

坐骨神経の走行領域のどこかで神経を圧迫します。

 

特に年齢が若い場合には、「腰椎椎間板ヘルニア」が多く、

加齢ととも「腰部脊柱管狭窄症」が多くの原因を占めるようになります。

 

それぞれの疾患の特徴は以下をご覧ください。

【腰部脊柱管狭窄症】
腰部脊柱管狭窄症とは?原因や症状、その治療方法は?
腰部脊柱管狭窄症における手術療法の種類や方法とは?
腰部脊柱管狭窄症に対するプロスタグランジン製剤(PG)の効果とは?

 

【腰椎椎間板ヘルニア】
「腰椎椎間板ヘルニア」の原因や症状、治療法とは?痺れは治る?
「腰椎椎間板ヘルニア」に対する手術療法とは?入院期間はどのくらい?
「腰椎椎間板ヘルニア」のリハビリテーションとは?

 

 

 

「坐骨神経痛」の症状は?

坐骨神経痛によって生じる症状は、

坐骨神経の支配領域に沿って出現します。

 

代表的な症状として、

・鋭い痛み
・痺れ
・ふくらはぎの張り
・冷感
・灼熱感
・締め付け感

などがあります。

 

これらの症状が臀部から足先にかけて生じる可能性があり、

大抵の場合は、一側性に出現します。

 

 

 

「坐骨神経痛」の治療法は?

坐骨神経の治療法は、

先に挙げた原因疾患となる

・腰部脊柱管狭窄症
・腰椎椎間板ヘルニア

治療することが重要です。

 

いずれの場合にも、最終的には手術療法が選択されます。

直接的に神経の圧迫を除去することが根治的な治療となります。

 

手術療法に至らずに、保存療法においても症状が軽快する場合もあります。

・薬物療法による疼痛のコントロール
・運動療法による脊柱の可動性改善や安定化
・日常生活指導による姿勢や動作パターンの改善

などが挙げられます。

 

最終的な治療手段としてこちらも有効です。
腰痛に対する「ブロック注射」って効果があるの?対象疾患とは?

 

 

 

まとめ

今回は、「坐骨神経痛」の原因や症状、そして治療法などについて解説しました。

坐骨神経痛の病態は、

腰部脊柱管狭窄症や、腰椎椎間板ヘルニアなどによる神経の圧迫です。

自然経過での改善も認められますが、

運動麻痺や重度の疼痛、または排尿障害などが出てきてからでは手遅れになります。

まずは早めに病院を受診することをお勧めします。


スポンサーリンク
Pocket