「フォルクマン拘縮」とは?コンパートメント症候群の一種?その特徴は?

    
Pocket

スライド29

「フォルクマン拘縮」は、

骨折などの外傷に続発する、

前腕の“コンパートメント症候群”の一種です。

 

比較的頻度も高く、

手遅れにならぬよう、正しい知識が必要です!

 

スポンサーリンク

 

四肢を断面図として観察すると、筋肉のみならず、

神経組織血管、そして筋膜骨幹膜が存在しています。

このような構造、この閉鎖された空間を“コンパートメント”と言います。

 

 

骨折などの外傷を主として、

腫脹や血管や神経の損傷が生じると、

このコンパートメントの内圧が高まったり、

組織が壊死すること“コンパートメント症候群”と言います。

 

 

四肢のいずれの部位でも生じる可能性がありますが、

とりわけ上肢から前腕にかけて生じるコンパートマント症候群は頻度が高く、

「フォルクマン拘縮」と呼ばれています。

 

 

「フォルクマン拘縮」は、

関節可動域制限や、運動麻痺をはじめとして、

不可逆的な変化をきたします。

 

 

このように手遅れにならないように、

正しい知識が必要です。

そこで今回は、コンパートメント症候群の一種である「フォルクマン拘縮」について解説します。

下腿のコンパートメント症候群もあります。
下腿に好発する「コンパートメント症候群」ってどんな疾患?


スポンサーリンク

「フォルクマン拘縮」の原因は?

「フォルクマン拘縮」の原因は、

上腕から前腕の中でも、

特に前腕の屈側に生じるコンパートメント症候群です。

 

この状態が引き起こされる誘因として、

骨折などの外傷が挙げられますが、

特に多いのが

「上腕骨顆上骨折」です。

小児や子供に多い「上腕骨顆上骨折」とは?リハビリは?
「上腕骨顆上骨折」の症状とは?合併症に注意?

 

その他にも、

直接的に“腕を挟まれる”などの外傷や、

“肘の脱臼”などがあります。

 

 

 

「フォルクマン拘縮」の症状は?

「フォルクマン拘縮」の症状は、

前腕から手指にかけての

・腫脹
・疼痛
・痺れ
・チアノーゼ
・筋肉の麻痺

などがあります。

 

特に典型的な症状として、

母指内転、第2~5指MP関節過伸展、IP関節屈曲

の拘縮を呈します。

 

スクリーンショット 2016-07-29 10.54.31

このような症状が、

時間の経過とともに進行性に悪化していきます。

 

上記のような拘縮の形が出来上がってしまうと、

すでに手遅れであり、不可逆的な変化となってしまいます。

 

 

 

「フォルクマン拘縮」の治療は?

「フォルクマン拘縮」の治療は、

可能な限り骨折の整復や、

ギプスでの圧迫などの阻血原因を除去します。

 

しかしながら、動脈の閉塞などが生じてから、

実際に拘縮が生じるまでの時間は、

6〜8時間と言われているので、早期発見・早期治療にかかっています。

 

もし、このような初期治療で功を奏さない場合は、

緊急手術によって、筋膜切開を行い、外科的に内圧の減少を行います。

 

拘縮が完成してしまってからでも、

手術を行うことで、変形の矯正を行うことは一部可能ではありますが、

完全回復は困難で、元の動きを取り戻すことは不可能です。

 

 

 

まとめ

今回は、コンパートメント症候群の一種である「フォルクマン拘縮」について解説しました。

小児や子供が、

「上腕骨顆上骨折」を受傷した場合には特に注意が必要です。

治療の鍵は、“早期発見”であるため、

異常を感じた場合には、すぐに受診するようにしましょう。


スポンサーリンク
Pocket