「アキレス腱断裂」に対する手術療法とは?

    
Pocket

スライド38

 

「アキレス腱断裂」は、

主にスポーツなどで生じる外傷であり、

アキレス腱に対する過度な伸長刺激が誘因となります。

 

重症度にもよりますが、

代表的な治療方法の一つに【手術療法】があります。

 

スポンサーリンク

 

「アキレス腱断裂」は、

文字通り、踵の上部に位置にするアキレス腱の断裂です。

 

 

アキレス腱断裂の受傷機転となるのは、

スポーツなどで急激な方向転換ジャンプ動作が引き金となって、

アキレス腱に強力な伸長刺激が加わった時です。

 

 

このようにアキレス腱が断裂する原因として、

アキレス腱自体の伸長性低下が挙げられ、

準備運動不足日頃の運動不足などの要因があります。

 

 

アキレス腱断裂の治療方法には、

・保存療法
・手術療法

があります。

部分断裂で、かつ治療時間が比較的長く取れる場合などに適応となります。

一方で、完全断裂で、競技復帰を目指す場合などは、

【手術療法】が適応となります。

そこで今回は、「アキレス腱断裂」に対する手術療法とは?

 

 

アキレス腱断裂に関する基本的な知識はこちら
アキレス腱断裂とは?原因や症状、その治療方法は?


スポンサーリンク

アキレス腱断裂の手術療法とは?

アキレス腱断裂の手術療法は、

完全断裂などの場合や、早期の競技復帰を目指す場合などに適応となります。

 

また、保存療法に比して、再発率が低いというメリットがあり、

再断裂率は、

手術療法:1.7~2.8%

保存療法:10.7~20.8%

とされています。

そのため、スポーツ選手などでは、一般的に手術療法が選択される場合が多いです。

 

手術療法と一概に行っても、

幾つかの種類があります。

 

代表的な方法は、

・経皮縫合術
・直視下縫合術

に分けられます。

 

これらの分類は、皮膚を切開するか、しないかの分類であり、

縫合のやり方を含めれば、もっともっと細分化されます。

 

 

 

経皮縫合術

経皮縫合術は、皮膚を切開せずにアキレス腱を縫合する方法です。

実際には、皮膚の上から4か所に穴を開け、

その穴の中から操作します。

 

手術侵襲が少ないことがメリットであり、

実際に手術時間は15分程度であり、局所麻酔で行うことが可能です。

 

ただし、最近では、経皮縫合の割合は数%程度となっています。

 

 

 

直視下縫合術

直視下縫合術とは、皮膚を切開して直視下で確認しながら、

縫合糸を使って断裂部を接合する手術です。

 

近年では多くがこの方法で行われており、

再断裂のリスクが少なく、回復も早いと言われています。

 

ただし、術後は適切な【リハビリテーション】を実施しなければ、

皮膚や腱のつっぱりや、足首の関節可動域制限が残存する場合があるので、

理学療法士などの専門家の指導の元、運動療法を進めていきましょう。

「アキレス腱断裂」に対するリハビリテーションとは?

 

 

 

まとめ

今回は、「アキレス腱断裂」に対する手術療法について解説しました。

手術療法にはメリットが多く、競技復帰する場合などには有効な手段といえるでしょう。


スポンサーリンク
Pocket