(反復性)膝蓋骨脱臼の治療方法とは?

    
Pocket

スライド20

「膝蓋骨脱臼」は、

若い女性に好発する疾患で、

“膝のお皿”である膝蓋骨が脱臼した病態を呈します。

 

一度のみならず、習慣的に脱臼しやすくなる病態を

「(反復性)膝蓋骨脱臼」と言います。

 

スポンサーリンク

 

「膝蓋骨脱臼」は、

膝関節の構造上、外側脱臼がほとんどです。

大腿四頭筋の強力な収縮による牽引力と、

脛骨の回旋が同時に生じた際に脱臼が生じます。

 

 

上記のような場面は、

ジャンプの着地を要するスポーツなどに生じやすいですが、

膝蓋骨脱臼を呈する者は、先天的にその素因を有しています。

詳しい原因や症状はこちらを参照ください!
(反復性)膝蓋骨脱臼とは?原因や症状とは?

 

 

その治療方法は、

“保存療法”が中心となります。手術療法の場合もあります。)

しかし何よりも「反復性膝蓋骨脱臼」と呼ばれるように再発が非常に多い疾患なんです。

そこで今回は、「膝蓋骨脱臼」の治療方法や予防方法を解説します。


スポンサーリンク

「膝蓋骨脱臼」に対する保存療法とは?

「膝蓋骨脱臼」が生じると、

疼痛や腫脹が出現するものの、骨自体は自然に整復される場合が多いです。

 

しかしながら、自然に整復されない場合には、

徒手的な整復を行う必要があります。

 

また、膝蓋骨の脱臼に合併して軟骨や骨の損傷が伴う場合には、

後述のような手術療法が必要となります。

 

保存療法では、

整復以外に特別な処置を行いませんが、

再脱臼防止のために外固定を行います。

この際には、“脱臼防止用サポーター”などを装着します。

 

多くの場合には、このような外固定ののち、通常の生活に復帰が可能ですが、

再発の可能性が高いような素因を有する場合には、

後述の手術療法か、サポーターを装着したままでの生活を余儀なくされる場合もあります。

 

 

 

「膝蓋骨脱臼」に対する手術療法とは?

「膝蓋骨脱臼」に対する手術療法とは、

・膝蓋骨の脱臼に合併して軟骨や骨の損傷が伴う場合
・明らかに再発の可能性が高い場合

に適応となります。

 

膝蓋骨の安定に寄与する靭帯として、

MPFL(内側膝蓋大腿靭帯)LPFL(外側膝蓋大腿靭帯)が存在し、

左右両側より、膝蓋骨を適度に牽引しあって膝蓋骨を安定させています。

 

特に内側から牽引するMPFLが重要であり、

手術療法ではこの靭帯の再建術を行います。

 

ただし、膝蓋骨脱臼に伴って、MPFLが断裂した場合には、

ハムストリングスなどの自家腱を移植して行うか、人工靭帯を使用して再建します。

 

 

 

「膝蓋骨脱臼」の予防法とは?

反復性の膝蓋骨脱臼へ移行しないためにも、

“再発予防”が重要となります。

 

前述したような“脱臼防止用サポーター”の装着が予防の一つです。

 

もう一つの予防法は、リハビリテーションによって、

膝蓋骨を内側に牽引する筋力を強化することです。

具体的には、内側広筋斜走繊維(vastus medialis obliquus:VMO)の筋力強化の重要性が指摘されています。

 

さらに、スポーツ復帰を目指す場合には、

膝蓋骨脱臼を引き起こすような動作パターンの修正が必要となります。

 

 

 

まとめ

今回は、「膝蓋骨脱臼」の治療方法や予防方法を解説しました。

詳しい原因症状などはこちらを参照ください!
(反復性)膝蓋骨脱臼とは?原因や症状とは?

 

スポーツ復帰などを目指す場合には、

疼痛や腫脹の軽減は当然として、次に発症しやすい要因が排除できてからになります。

通常でも2ヶ月以上はかかると言われているので、

筋力強化などのリハビリテーションを十分に行いましょう。


スポンサーリンク
Pocket