難病指定「強直性脊椎炎」に対するリハビリテーションとは?

    
Pocket

スライド34

 

「強直性脊椎炎」は、

我が国において難病指定を受けている疾患です。

 

根治的な治療法は存在しないのが現状ですが、

薬物療法と併用して、【リハビリテーション】を行うことが重要です。

 

スポンサーリンク

 

「強直性脊椎炎」とは、

“脊椎が強直(固まる)する疾患”です。

この強直というのは、上下の脊柱が癒合し、固まってしまうことです。

 

 

原因は不明ではありますが、

発症者には、白血球の血液型である「HLA‐B27」が高率で陽性であることから、

何らかの関連が示唆されています。

 

 

初期症状としては、腰背部痛を認めます。

この時には、脊椎ではなく、仙腸関節や周囲の靭帯や関節包などの組織が炎症を起こします。

徐々に進行していくと、脊椎自体の強直が生じ、日常生活動作を高度に制限することがあります。

 

 

根治的な治療方法はないというのが現状ですが、

実際には“薬物療法”を中心とした進行の抑制に加えて、

日常生活動作を継続できるよう運動を中心とした【リハビリテーション】が重要です。

 

 

そこで今回は、難病指定されている「強直性脊椎炎」に対するリハビリテーションについて解説します。

「強直性脊椎炎」に関する詳しい病態はこちら
難病指定疾患である「強直性脊椎炎」ってどんな病気?


スポンサーリンク

「強直性脊椎炎」の症状の特徴とは?リハビリが有効?

「強直性脊椎炎」は、

脊椎のみならず、四肢の関節にも炎症が生じ、

次第に強直を引き起こし、重篤な関節可動域制限が生じます。

 

脊柱や四肢の近位関節の関節可動域制限は、

起立や着座、かがみ動作、床上動作をはじめとして多くの日常生活動作を阻害します。

また、症状に波があるのが特徴で、

日によっては“激痛”で動けない日もあるほどです。

 

しかしながら、「強直性脊椎炎」の症状の特徴の中に、

運動を中心としたリハビリテーションが効果を示す理由があります。

 

それは、“適度な運動は疼痛を軽減させる”ということです。

動かない方が疼痛が強くなるというのが特徴なんです。

 

 

 

「強直性脊椎炎」のリハビリテーションとは?

「強直性脊椎炎」に対するリハビリテーションの目的は、

“脊柱や四肢の関節の可動域を保ち、日常生活動作能力の維持・改善”

であると考えられます。

 

徐々に進行する強直に対して、

疼痛の生じない範囲での前後屈や側屈運動は、できるだけ早期から実施する必要があります。

 

病院に入院してリハビリテーションを受ける場合には、

理学療法士などの指導のもと、実践することが可能です。

 

自宅などで行う場合には、風呂上がりなどにストレッチを行うとより効果的です。

 

必ずしも大きな運動である必要はなく、

まずは、椅子に座ってゆっくりと背筋を伸ばしたり、曲げたりする運動などを行うと良いでしょう。

 

 

 

まとめ

今回は、難病指定されている「強直性脊椎炎」に対するリハビリテーションについて解説しました。

リハビリテーションの中心は、脊柱や四肢をきちんと動かすことであり、それこそが最も重要です。

同一肢位で、かつ寝たきりになるような生活習慣は、すぐにでも可動性の低下を招きます。

個人に適した強度の体操や運動を、理学療法士の指導のもと実践し、自宅などでも無理せず継続して行うことが重要です。


スポンサーリンク
Pocket