関節リウマチの原因や、その病態とは?

    
Pocket

スライド4

「関節リウマチ」は、

30歳以上の人口の約1%に当たる人が罹患する疾患です。

“自己免疫の異常”によって、

全身の関節が炎症をきたし慢性の経過をたどります。

スポンサーリンク

「関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis:RA)」は、

膠原病の一つとされ、自己免疫の異常によって生じる疾患です。

我が国では、30歳〜50歳代の女性に好発します。

関節リウマチの詳しい記事はこちら
関節リウマチってどんな疾患?その原因や症状、治療方法は?

 

 

代表的な症状としては、

【全身の関節の滑膜炎症】であり、

具体的には、関節の

・変形
・疼痛
・関節可動域制限

などが生じ、巧緻動作はもちろんのこと、歩行などの移動動作に制限きたすことも少なくありません。

関節リウマチの診断検査法はこちら
関節リウマチの診断基準とは?
関節リウマチとは?その診断や検査方法がある?

 

 

現在では、治療薬の急速な進歩によって

その症状の大部分を抑制できるようになりました。

しかしながら、日本でも多く障害を抱えた関節リウマチ患者が存在しています。

関節リウマチはどのような原因やきっかけで発症するのでしょうか!?

そして、その病態とはどのようなものなのでしょうか!?

関節リウマチの薬物療法!生物学的製剤とは?
関節リウマチに対する手術療法とは?


スポンサーリンク

関節リウマチの原因は?

関節リウマチの原因とはどのようなものなのでしょうか!?

実は、明確な原因は不明と言われています。

 

ただし、何らかの遺伝的要因環境要因が加わることで発症するそうです。

どういうことかというと、病気になりやすい資質が遺伝し、それらの素質を有しているものが、ウイルスなどの感染が引き金となって発症すると言われています。

 

さらに最近では、

 

“喫煙が関節リウマチの発症や症状の悪化に関係している”

“糖入りの炭酸飲料の多飲は発症リスクを高める”

 

などの報告もあるようです。

 

 

 

関節リウマチの病態は?

関節リウマチという疾患の主体は、

【免疫の異常】です。

膠原病の一種とされており、自己免疫疾患の一つとして数えられます。

膠原病とは?その症状や種類は?過去に患った芸能人は?

 

本来自分を守るはずの免疫の異常によって、

関節の毛細血管が増加し、血管内から関節滑膜組織にリンパ球やマクロファージなどの白血球がが出現します。

リンパ球やマクロファージは、産生するサイトカイン(TNFα、IL-6など)と呼ばれる物質の作用により関節内に炎症反応が引き起こします。

 

そして、関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が生じ、

疼痛や腫脹を起こし、関節液が増加し、軟骨・骨の破壊が進んでいくのです。

関節リウマチの詳しい症状はこちら
関節リウマチとは?どのような症状がある?

 

 

 

まとめ

今回は、関節リウマチの原因や、その病態などをまとめました。

関節リウマチは、ある程度遺伝的な資質を持っている人が罹患しやすいと言えるでしょう。

喫煙などは生活習慣に関わるもので、少しでも発症のリスクを減らすならば禁煙するのが良いでしょう。


スポンサーリンク
Pocket