関節ねずみって何?変形性膝関節症との違いは?

    
Pocket

スライド6

 

「関節ねずみ」って聞いたことがあるでしょうか!?

 

ねずみという名前がつきますが、

れっきとした関節疾患です。

 

スポーツ選手などでも罹患することがあり、

場合によっては選手生命を絶たれるリスクもあります。

 

スポンサーリンク

 

「関節ねずみ」とは、

関節の中に、“軟骨”“骨の欠片”が存在する疾患です。

 

実際には、関節内遊離体と呼ばれ、

関節内を自由に動き回る様から、関節ねずみという名称で呼ばれているのです。

 

このような遊離体は、

関節内を浮遊しているのですが、

広い空間を移動している分には、無症状のこともあります。

 

しかしながら、関節の狭い部分に引っかかったりすると

強い痛みや疼痛を引き起こすこととなるのです。

 

膝関節の疾患として代表的なものに

【変形性膝関節症】がありますが、

どのような違いがあるのでしょうか!?

 

そこで今回は、関節ねずみについて、生じる原因や症状、治療法などについて解説します。


スポンサーリンク

関節ねずみとは?

関節ねずみは、

“関節内に骨の欠片や軟骨が関節内遊離体として浮遊している状態”です。

 

この遊離体は、関節内を移動し、

無症状のこともあれば、疼痛などの症状を発症することもあります。

 

 

 

関節ねずみの原因は?

関節ねずみが生じる原因は様々です。

・軟骨骨折
・剥離性骨軟骨炎
・滑膜骨軟骨腫症
・変形性関節症
・半月板損傷

などが原因となります。

とりわけ、軟骨骨折により生じるケースが多いとされ

好発部位は【膝関節】です。

 

多くは、「膝蓋骨脱臼」に伴うものが多く、

膝蓋骨の外側脱臼の際、または脱臼から元に戻る際に、

大腿骨外側顆と膝蓋骨との剪断力によって生じます。

 

それ以外の原因としては、スポーツや事故による微小骨折が引き金となりますが、

上述のように、変形性膝関節症などの疾患が誘因となる場合もあります。

 

変形性膝関節症(膝OA)とは?治る疾患なの?リハビリテーションの内容は?
変形性膝関節症の手術療法「TKA」とは?他にも手術の種類があるの?

 

 

 

関節ねずみの症状は?

関節ねずみの症状は、

遊離体が、関節の中でも狭い部分に入り込んだ時に生じます。

 

その症状とは、

・疼痛
・関節可動域制限
・水腫

などがあります。

 

特に代表的な症状として、

【ロッキング現象】があり、ドアのかんぬきを開けたように関節が動かなくなる現象です。

再び遊離体が移動した場合、それらの症状は消失しますが、

原因を取り除かない限り繰り返すこととなります。

 

 

 

関節ねずみの治療法は?

関節ねずみの治療法は、保存療法が選択される場合もありますが、

原因を除去するためには、【手術療法】が必要です。

 

手術は、「関節鏡視下手術」と呼ばれる

小さなカメラを関節内に入れて行う手術で、

低侵襲かつ短時間で行うことができます。

 

 

 

関節ねずみと変形性膝関節症との違いは?

関節ねずみが生じる原因の一つに、

【変形性膝関節症】があります。

 

関節裂隙の狭小化を主体とする変形性関節症とは、

異なる病態を呈すことが分かります。

 

しかしながら、疼痛などの症状は類似するため

素人判断では区別はつかないかもしれませんね。

 

また、関節ねずみを放置した結果、

変形性膝関節症が進行するといった関係性も認められます。

 

変形性膝関節症(膝OA)とは?治る疾患なの?リハビリテーションの内容は?
変形性膝関節症に対する筋力トレーニングとは?自宅で出来る方法は?

 

 

 

まとめ

今回は、関節ねずみについて、生じる原因や症状、治療法などについて解説しました。

関節ねずみも、変形性膝関節症も

その診断にはレントゲンなどの画像診断が必要です。

初期の症状であれば、その治療も進みやすいため、症状があるのであれば早期の受診が重要です。


スポンサーリンク
Pocket