足関節捻挫(足関節外側靭帯損傷)の分類や手術適応とは?

    
Pocket

スライド02

足関節は、スポーツなどで捻ることによって、

「捻挫」を引き起こします。

 

一般に足を“くじく”なんて言いますが、

正式には、内反方向へ捻挫した場合を、

【足関節外側靭帯損傷】と言います。

スポンサーリンク

 

足関節外側靭帯損傷は、

荷重下において足首を内側に捻る(内反)ことによって生じます。

一般には、「捻挫」とも呼ばれ、

非常に身近な外傷ですね。

 

 

多くの場合は、内反捻挫によって、

足関節の外側の靭帯を損傷しますが、

ごく稀に、外反捻挫によって、内側の靭帯を損傷することもあります。

 

 

多くは、スポーツなどの激しい運動によって受傷します。

一度損傷した靭帯は、

自然再生することはなく、再びスポーツ復帰を目指すためには、

【手術療法】が必要となります。

 

足関節外側靭帯損傷の詳しい記事はこちら
足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の原因や症状、治療法とは?

 

 

手術療法の適応か否かは、

重症度やタイプによって分類されます。

足関節外側靭帯損傷にも重症度の分類が存在します。

そこで今回は、足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の分類について解説します。

足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)に対するリハビリテーションとは?


スポンサーリンク

足関節外側靭帯損傷の重症度分類とは?

足関節外側靭帯損傷における重症度分類は、3段階に分類されます。

一般に靭帯損傷は、

 

Ⅰ度:微細断裂

Ⅱ度:部分断裂

Ⅲ度:完全断裂

 

のように大まかに分類されます。

しかし、足関節外側靭帯損傷の場合は、

3つの靭帯の複合体でありことからやや特有の分類の形をとります。

 

 

足関節外側靭帯における3つの靭帯とは、

・前距腓靱帯(ATFL)
・踵腓靱帯(CFL)
・後距腓靱帯(PTFL)

です。

詳しくはこちら
足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の原因や症状、治療法とは?

 

これらは、整形外科医などが、固定や手術の適応か否かを判断する目安となります。

 

 

 

GradeⅠ

・ATFLもしくは、CFLにおける微細な損傷か部分断裂
・受傷部に軽度の圧痛があるが、歩行や関節運動に支障をきたすほどではない
・多くの場合、保存療法が適応される

 

 

GradeⅡ

・ATFLもしくは、CFLの完全断裂(単独損傷による)
・足関節の著しい腫脹が出現し、歩行や関節運動に強い疼痛が生じる
・保存療法、手術療法いずれも可能性があるが、多くは保存療法が適応となる

 

 

GradeⅢ

・ATFL及びCFLの完全断裂(複合損傷による)
・足関節の著しい腫脹が出現し、歩行や関節運動は不可能
・内反方向への過可動性を認める
・保存療法、手術療法いずれも可能性があるが、スポーツ復帰などに対しては手術療法が適応となる

 

 

 

まとめ

今回は、足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の分類について解説しました。

一般的な靭帯の重症度分類との違いが分かりましたか!?

これを知っているだけでも、整形外科医などと手術適応に関する話なども対等に行えるので、

是非とも知っておきましょう!


スポンサーリンク
Pocket