足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)の原因や症状、治療法とは?

    
Pocket

スライド6

足の捻挫は、スポーツ選手にはつきものです。

一度発症すると、

になる」

なんて聞いたことはありませんか?

足関節捻挫とは、どのような病態なのでしょうか!?

スポンサーリンク

足関節捻挫は、

正式には、「足関節外側靭帯損傷」と言います。

 

足関節外側靭帯損傷は、スポーツなどに頻発する外傷で、

足を内側へ捻る(内反)ことで生じる靭帯の損傷です。

 

多くの足関節捻挫がこのように内反捻挫ですが、

ごく稀に、外側へ捻る(外反)によって生じる捻挫もあり、足関節内側靭帯損傷と言います。

 

足関節外側靭帯損傷は、急性期より、

腫脹や疼痛が生じますが、

骨折がない限り再び歩行が可能となる場合が多いです。

 

しかしながら、伸長または断裂した靭帯は自然回復することはなく、

何度も捻挫を繰り返すようになります。

 

重症度によりますが、スポーツ復帰などを目指す場合や、高度の不安定性が残存する場合に行われるのが、【手術療法】です。

靭帯の再建術が最もメジャーな方法です。

 

今回は、「足関節外側靭帯損傷」の原因や症状、治療法などを解説します。


スポンサーリンク

足関節外側靭帯とは?

足関節外側靭帯は、足関節の外側に位置する靭帯であり、

前方から前距腓靭帯(ATFL)、踵腓靭帯(CFL)、後距腓靭帯(PTFL)の三つがあります。

スライド5

各靭帯は、

前距腓靭帯:2mm

踵腓靭帯・後距腓靭帯:6mm

の厚さを持ち、前距腓靭帯が構造上最も脆弱です。

 

 

 

足関節外側靭帯損傷の原因は?

足関節外側靭帯損傷とは、

バレーボールやバスケットボールなどの、急な方向転換やジャンプでの着地の際に好発するスポーツ外傷です。

 

足関節が底屈+内返し(=内反)した際に受傷しやすく、

この際には、前距腓靭帯を損傷する場合が殆どです。

 

ついで踵腓靭帯や後距腓靭帯ですが、これらの単独損傷は稀で、

前距腓靭帯+踵腓靭帯複合損傷を認めます。

 

 

 

足関節外側靭帯損傷の症状は?

足関節外側靭帯損傷を受傷すると、

完全断裂の場合、重度の腫脹疼痛が生じ、歩行が困難となります。

 

時間経過とともにこれらの炎症は治まりますが、

損傷した靭帯は自然回復をすることはありません。

 

そのため、特に内反方向への不安定性が残存し、

内反捻挫を繰り返すことになります。

 

特にスポーツなどの激しい運動では注意が必要で、

靭帯の効かない不安定な足関節は、骨や筋肉まで痛める原因にもなります。

 

 

 

足関節外側靭帯損傷の治療は?

足関節外側靭帯損傷の場合、損傷のタイプにもよりますが、

重度の場合には、【靭帯再建術】が行なわれます。

関節鏡視下での手術療法や、自家腱(薄筋腱)を用いた再建術が行なわれます。

 

靭帯損傷の重症度分類はこちら
足関節捻挫(足関節外側靭帯損傷)の分類や手術適応とは?

 

 

保存療法としては、

リハビリテーションや、サポーターなどを使用した装具療法などを実施します。

特にリハビリテーションにおける運動療法では、再発防止に向けた足関節周囲筋の筋力増強や動作パターンの修正などを行います。

適切な治療が行われれば、もちろんスポーツ復帰が可能となります。

足関節外側靭帯損傷(足関節捻挫)に対するリハビリテーションとは?

 

受傷後早期の対応はこちら
RICE(ライス)処置とは?その目的や効果は?

 

 

 

まとめ

今回は、「足関節外側靭帯損傷」の原因や症状、治療法などを解説しました。

受傷しても、

「歩けるし」「生活に支障ないし」などといった理由で放置する人も少なくありません。

とりわけ活動量が低い場合には、特別な治療が必要ない場合もありますが、

二次的障害を招くリスクも非常に高いので、早めの受診をおすすめします。


スポンサーリンク
Pocket