術後は「貧血」に注意!その原因や注意すべき検査所見とは?

    
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8917

整形外科の手術後の合併症の一つに、

「術後貧血」があります。

 

術前には、何度も採血を行ったり、

術中または術後に使用する“自己血”を採取することがあります。

 

これらは、いずれも”術後の貧血”に向けた対策の一つです。

 

スポンサーリンク

 

整形外科に限らず、どのような手術においても、

術前と術後には採血を行い、“血液検査”をしています。

 

 

手術では、その程度に差はあれど、

身体にメスを入れるため、術中や術後に出血をきたすのです。

 

 

整形外科疾患で考えると、

人工関節や、固定術など、骨切りを行った後には、

手術中はもちろんのこと、術後にも断続的な出血をきたしているのです。

 

 

このような断続的な出血が続いてしまうと、

血液に含まれる赤血球が減少します。

この赤血中の減少によって、術後の貧血が引き起こされるのです。

 

 

そこで今回は、術後に生じる「貧血」の基礎知識や注意すべき検査所見などについて解説します。

 

整形外科で行われる代表的な手術療法はこちら
変形性膝関節症の手術療法「TKA」とは?他にも手術の種類があるの?
変形性股関節症の手術療法とは?どんな種類や方法がある?


スポンサーリンク

「貧血」って何?原因や症状は?

「貧血」とは、

“血液中の赤血球の数や、酸素を運搬するヘモグロビンの量が少ない状態”です。

 

ヘモグロビンは赤血球の中に含まれており、

血液の減少は、赤血球の減少、つまりはヘモグロビンが減少するため、

酸素の運搬が全身に十分に行われなくなります。

 

術後に生じる「貧血」の原因は、

“大量の失血”によるものです。

 

これは、手術中はもちろんのこと、

手術後も持続的に出血が続いている場合もあります。

 

「貧血」の状態が続くと、

めまいや立ちくらみ、労作時の息切れや動悸や倦怠感などが生じます。

そのため、リハビリテーションなども円滑に進行出来ない場合もあります。

 

 

 

術後の「貧血」で注意すべき検査所見とは?

術前はもとより、術後も1週間おきなどに、

“血液検査”を行うことが一般的です。

 

血液検査から、「貧血」の所見を疑うには、

“ヘモグロビン(Hb)”の値を確認する必要があります。

 

ヘモグロビンは、赤血球の中に含まれ、全身に酸素を供給する役割を担います。

 

ヘモグロビンの正常値は、

男性:13〜17g/dl

女性:12〜15g/dl

です。

 

この正常値を大きく下回るようであれば注意が必要です。

 

下肢の手術後に必要なその他の検査所見はこちら
下肢の手術後に注意すべき血液データは?CRPやDダイマーの持つ意味は?

 

 

 

術後の「貧血」に対する治療法とは?

術後に生じる「貧血」はおよそ10人に1人程度が生じるとも言われます。

ヘモグロビンの値が6〜8g/dl程度になった場合には注意が必要です。

 

そのような場合には、

手術前に備えていた「自己血」を輸血します。

 

通常片足の手術の場合には、400mlを、

両側の足の手術の場合には、800mlの血液が必要となります。

 

 

 

まとめ

今回は、術後に生じる「貧血」の基礎知識や注意すべき検査所見などについて解説しました。

術後のリハビリテーションなどで、

疲れやすい、顔色が悪い、息切れをしているなどなど…

比較的外部からも分りやすい兆候を示すので、

そのようなサインを見逃すことなく、輸血などの適切な対応に切り替えられると良いですね。


スポンサーリンク
Pocket