臼蓋形成不全に対する評価「CE角」と「Sharp角」って何?

    
Pocket

スライド3

 

「臼蓋形成不全」は、

股関節を構成している、骨盤の臼蓋の形成不全です。

 

本来であれば、臼蓋に対して大腿骨の骨頭が収まるのですが、

臼蓋形成不全があると、骨頭の被りが浅く、

将来的に【変形性股関節症】に発展する可能性があります。

変形性股関節症って治るの?原因や症状、治療方法とは?
変形性股関節症の手術療法とは?どんな種類や方法がある?

 

スポンサーリンク

 

「臼蓋形成不全」とは、

骨盤の臼蓋の形成不全によって、

大腿骨の骨頭の被覆が乏しくなっている状態です。

 

このような状態での股関節の使用は、

臼蓋と骨頭との間の摩擦による軟骨の磨耗や、

変形関節可動域制限の原因となります。

 

また、【疼痛】が出現すると、

立位や歩行などの日常生活動作が制限されます。

臼蓋形成不全の詳しい記事はこちら
臼蓋形成不全とは?痛みはある?治療法は?

 

そんな臼蓋形成不全ですが、

その診断に際しては、

「CE角」「Sharp角」と呼ばれるレントゲン上の指標が用いられます。


スポンサーリンク

「CE角」とは?

「CE角」とは、

Center-edge角の略称です。

 

両側の大腿骨頭の中心を結ぶ線の延長線上に垂線を下ろし、

垂線と臼蓋の外側縁と大腿骨頭中心を結ぶ線「CE角」と言います。

 

スライド1

 

臼蓋と大腿骨頭との相対的な位置関係を表すものです。

 

正常値は、年齢によっていくらか差異があります。

 

4歳〜:+15°以上

15歳:+20°以上

成人:+25°以上

 

と言われています。

なお、角度が低ければ低いほど、大腿骨頭に対する臼蓋の被りが浅いということになります。

 

 

 

「Sharp角」とは?

「Sharp角」とは、

Acetabular angleと呼ばれます。

 

成人臼蓋の形成度を表す指標です。

 

「Sharp角」は、骨盤の左右に存在する涙痕(tear drop)下端を通過するように引いた水平線と、涙痕と臼蓋の外上縁を結ぶ線との間でなす角度です。

 

スライド2

 

正常値は、33〜38°程度で、

40°を超えると臼蓋形成不全の診断となります。

 

 

 

まとめ

今回は、臼蓋形成不全の指標である「CE角」と「Sharp角」について解説しました。

いずれも、レントゲン上から判断できる指標ですので、

医師のみならず、骨頭の被覆状態を把握するためには、理学療法士なども必須の知識となります。


スポンサーリンク
Pocket