腰部脊柱管狭窄症とは?原因や症状、その治療方法は?

    
Pocket

スライド22

 

腰部脊柱管狭窄症は、

脊髄の通り道である脊柱管が腰椎レベルの高位において狭窄し、神経症状が出現する疾患です。

 

60歳代の高齢者に好発し、高齢社会を迎える今、潜在患者を含めて非常に多くの患者がいると言われています。

腰部脊柱管狭窄の原因や症状、そして治療法とは?

 

スポンサーリンク

 

腰部脊柱管狭窄症は、

“椎間関節の変形、椎間板の変性による脊柱管への膨隆や、黄色靭帯の肥厚などにより脊柱管が狭小化し、その内部にある神経が圧迫を受けて発症する疾患”

です。

一般的に日本では脊椎の変性や、変性すべり症によって起こる「変性脊柱管狭窄症」のことを指します。

 

 

主な原因と考えられているのは、【加齢】です。

そのため60歳以上の高齢者に好発する疾患なのです。

 

 

症状として最も代表的なものは、

【間欠性跛行(かんけつせいはこう)】です。

間欠性跛行は、連続での立位保持や歩行などによって、徐々に足が痺れたり、こわばったり、次第に疼痛が出現し歩くことができなくなる症状です。

しかしながら、しゃがんだり、座ったりすることですぐに症状が軽快するのが特徴です。

「間欠性跛行」とは?その原因や治療法は?原因疾患は何?

 

 

腰椎脊柱管狭窄症の治療方法は、

・保存療法
・手術療法

に大別されます。

 

 

保存療法にも具体的な方法として薬物療法や温熱療法や運動療法などのリハビリテーションが存在しますが、保存療法で症状が軽快しない場合は、手術療法が選択されます。

腰部脊柱管狭窄症に対するリハビリテーションの記事はこちら
腰部脊柱管狭窄症のリハビリテーションの方法やポイントは?
腰部脊柱管狭窄症に対するリハビリテーションの評価項目は?

 

そこで今回は、腰部脊柱管狭窄症の原因や症状、そしてその治療方法について解説します。


スポンサーリンク

腰部脊柱管狭窄症の原因は?

腰部脊柱管狭窄症の原因は、【加齢】です。

ただ、一概に加齢と言っても、単純に年をとることで発症するわけではありません。

 

加齢によって骨粗鬆症などの疾患を患うことで、徐々に骨の脆弱性が出現します。

そこに、長年の不良姿勢や腰椎圧迫骨折に続発するものなど、脊柱自体の構造的変化が引き金となる場合が多いのです。

 

ただし、生まれつき脊柱管が狭い人や、椎弓や椎間関節の形状が異なる人なども認められます。

脊柱管狭窄症の診断や好発部位はこちら
腰部脊柱管狭窄症の好発部位や診断方法とは?

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症の症状は?

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は、

【間欠性跛行】です。

 

間欠性跛行は、連続した立位保持や、歩行を行うことで、

・腰痛
・下肢痛
・下肢の痺れ
・下肢の脱力

などが出現し、歩行が継続できなくなる症状です。

 

しかしながら、椅子に腰掛けたり、腰を前屈させるなどの数分の休息にて症状が軽快するのも特徴です。

これは、脊髄への圧迫が強まることで神経症状が出現するとともに、下肢の筋へ供給する血流の途絶も生じるために下肢への症状が出現するのです。

 

間欠性跛行のみならず、狭窄部位の神経支配に合致した神経症状が出現するため、下肢の運動や感覚麻痺、膀胱直腸障害などから日常生活活動動作が高度に障害を受けることもあります。

 

分類やタイプによっても症状の出方が異なります。
腰部脊柱管狭窄症の分類やタイプは?

 

 

 

腰部脊柱管狭窄症の治療方法は?

腰部脊柱管狭窄症に対する治療方法は、2つに大別されます。

・保存療法
・手術療法

 

保存療法

保存療法と一概に言っても幾つかの具体的な手段があります。

・運動療法
・物理療法
・装具療法
・薬物療法

などがあります。

 

運動療法、物理療法、装具療法はいずれもリハビリテーションの領域であります。

筋や骨の可動性の改善による姿勢の矯正や、温熱療法などによる疼痛の緩和、さらにはコルセットなどの装具療法によって、疼痛が生じる肢位を制限する方法もあります。

 

薬物療法では、一般的に消炎鎮痛薬神経ブロックを用いて疼痛の緩和を図ります。
腰痛に対する「ブロック注射」って効果があるの?対象疾患とは?

 

また、プロスタグランジン(PG)の投与によって、神経内の血管を拡張させ血流の改善を図ります。

疼痛緩和効果は絶大である一方で持続するかどうかがポイントとなります。
腰部脊柱管狭窄症に対するプロスタグランジン製剤(PG)の効果とは?

 

 

手術療法

保存療法で症状が緩和しない場合などに、手術療法が適応となります。

代表的な手術療法には、

・椎弓切除術
・腰椎除圧固定術

があります。

いずれも、狭窄部位の拡大によって症状の緩和を図るための手術療法です。

 

腰部脊柱管狭窄症に対する手術療法はこちらの記事を参照ください!
腰部脊柱管狭窄症における手術療法の種類や方法とは?

 

手術の効果によって、間欠性跛行や下肢痛の症状の軽減に期待ができます。

しかしながら、下肢の痺れや麻痺は改善しにくいのが現状です。

日常生活動作の再獲得には、術後のリハビリテーションの出来次第と言っても過言ではありません。

 

 

 

まとめ

今回は、腰部脊柱管狭窄症の原因や症状、そしてその治療方法について解説しました。

腰部脊柱管狭窄症は、局所の神経症状によるものでありながら、全身的な身体機能の不全に陥ることもある恐い疾患です。

適切な診断と早期の治療が重要であることは言うまでもありません。


スポンサーリンク
Pocket