整形クリニックや接骨院で行う「電気治療」って何?効果はあるの?

    
Pocket

整形クリニックや接骨院では、

専門の理学療法士などが行うリハビリテーションではなく、

機器を用いた「電気治療」を行う施設がたくさんあります。

 

「電気治療」の正体とは何なのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

 

理学療法士「クリニックではどのようなリハビリテーションを行なっていたのですか?」

患者「電気をかけています」

理学療法士「効果はありましたか?」

患者「ちょっとよく分かりません」

 

股関節や膝関節といった関節の疼痛を主訴として来院される患者様と、

これからリハビリテーションを行う理学療法士との間でよく聞かれる会話です。

 

疼痛を主訴でクリニックなどにかかる場合や、小さな町医者などの場合、

徒手的な施術や運動療法を得意とする理学療法士が存在しない施設が多いです。

 

そのような場合、

一般的に言われる“リハビリテーション”とは、

「電気治療」を指す場合が多いです。

(決してリハビリテーションの概念はそのような治療を指すものではないですが…)

 

漫然と、そして盲目的に、

治るのか分からないが、治ると信じて通院している人でも、

実はどのような効果があるのか、そもそも電気治療の正体をも知らない人も非常に多いです。

ましてや自分に効果があるのかどうかを、主観でも良いので判断しないというのはおかしな話ですよね。

 

そこで今回は、整形クリニックや接骨院で行う「電気治療」って何?

そして効果はあるのか?

などについて解説します。


スポンサーリンク

「電気治療」って何?その正体とは?

「電気治療」とは、

文字通り電波を利用することで行う治療方法です。

 

一般的に整形クリニックや接骨院で行われている

「電気治療」の目的は、

“疼痛の緩和”が大部分かと思います。

単なる点数稼ぎの場合もある

 

実際に、多くの患者が疼痛の緩和を望んでいるため、ニーズには合っていますが、

その他にもたくさんの効果が存在します。

 

また、周波数などによって様々な種類が存在します。

 

 

「電気治療」の効果

筋収縮作用・筋力改善効果

運動神経に対して電気刺激を与えると、

その神経に支配されている筋肉が収縮します。

意図的に筋肉を動かせない場合(麻痺など)に有効であり、

筋力増強効果が期待できます。

 

疼痛の緩和

神経に対する電気刺激は、

疼痛を感じる神経の感覚を減弱させる直接的効果(ゲートコントロールセオリー)と、

筋収縮に伴う血流改善による関節的効果があり、

その両者によって疼痛の緩和が図られます。

 

組織修復

炎症期などは避けなければならないが、

電気刺激は、創傷治癒を促進します。

 

浮腫の改善

上記に挙げた筋収縮や、

それに伴う血流の改善は、下肢などに存在する浮腫を改善させる作用があります。

 

 

「電気治療」の種類

以下に挙げたようにいくつか種類はありますが、

接骨院や整形クリニックで用いられているものは、

ほとんどがTENS(経皮的末梢神経電気刺激)です。

 

TENS(経皮的末梢神経電気刺激)

一般的に”低周波治療”と呼ばれるものです。

TENSは、痛みに局所的に、または支配する神経の起始部などから通電させる電気治療です。

 

EMS(神経筋電気刺激療法)

麻痺した筋肉へ使用することによる筋力回復や、

筋力トレーニングとしても用いられる電気治療です。

 

マイクロカレント療法(微弱電流療法)

組織修復を目的とした微弱電流を流す電気治療です。

ほとんど刺激を感じません。

 

高電圧電気刺激療法

高電圧を用いた電気治療で、

身体の深部にまで到達します。

主に疼痛軽減や血流改善に効果があります。

 

 

 

「電気治療」って本当に効果があるの?

接骨院や整形クリニックで行われる「電気治療」は効果があるのでしょうか?

 

先に挙げたように、

電気治療そのものにはたくさんの種類があり、その効果も多岐に渡ります。

 

要は、

その効果と、自分がきたしている病態(例えば筋肉痛)がマッチしているかということです。

 

例えば、

過度な筋肉の活動による筋のコリや、

血流悪化によって生じる筋肉痛には効果があるのでしょう。

 

しかしながら、

骨と骨どおしが物理的に接触する変形性膝関節症などに対しては、

効果は乏しいと言えるでしょう。

 

また、疾患そのものが「治る」ということとは違い、

対症療法であることを十分に理解する必要があります。

 

電気をかけ続けたからといって、

関節疾患そのものが治るのではなく、

関節疾患からくる疼痛が緩和される可能性があるということをしっかりと頭に入れておかなければ、

漫然と通院することになってしますのです。

 

変形性膝関節症に関する記事はこちら
変形性膝関節症(膝OA)とは?治る疾患なの?リハビリテーションの内容は?
変形性膝関節症の手術療法「TKA」とは?他にも手術の種類があるの?

 

 

 

まとめ

今回は、整形クリニックや接骨院で行う「電気治療」って何?

そして効果はあるのか?などについて解説しました。

「電気治療」そのものは当然ながらたくさんの効果があります。

その効果が、本当に自分に生じている症状とマッチしているのか?

そして、実施後の効果はどうなのかを真摯に吟味する必要があるのです。


スポンサーリンク
Pocket