悪性関節リウマチとは?関節リウマチとは違うの?

    
Pocket

スライド2

 

関節リウマチという疾患をご存知ですか!?

30歳〜50歳代の女性に好発する疾患で、

主に関節の変形や、疼痛、関節可動域制限を主症状とします。

 

では、「悪性関節リウマチ」はご存知ですか!?

 

スポンサーリンク

 

関節リウマチとは、

“自己免疫疾患”の一つで、

全身性の関節の炎症を主症状とする慢性で進行性の疾患です。

原因は不明とされていますが、

何らかの遺伝的な要因が示唆されています。

関節リウマチの詳しい記事はこちら
関節リウマチってどんな疾患?その原因や症状、治療方法は?
関節リウマチの原因や、その病態とは?

 

 

ところで、

「悪性関節リウマチ」という疾患はご存知ですか!?

関節リウマチとは異なる疾患なのでしょうか?

 

「悪性関節リウマチ」は、

既存の関節リウマチに、血管炎をはじめとして、

幾つかの関節外症状を呈し、難治性または重篤な病態を伴う場合

を言います。

 

別名:リウマトイド血管炎

と言われ、その重篤な病態から、関節リウマチよりも予後は不良となります。

 

そこで今回は、「悪性関節リウマチ」について解説します。


スポンサーリンク

悪性関節リウマチとは?

悪性関節リウマチは、

既存の関節リウマチに加えて、

「血管炎をはじめとして、関節外症状を認め、難治性または重篤な病態を伴う疾患」

と定義されています。

 

この疾患概念は本邦独自のものであり、

「特定疾患」にも指定されています。

 

関節リウマチの症状合併症はこちら
関節リウマチに生じる合併症とは?
関節リウマチとは?どのような症状がある?

 

 

 

悪性関節リウマチの疫学は?

悪性関節リウマチは、

60歳をピークとして、男女比は1:2で男性に多いです。

このあたりは、関節リウマチとは反対ですね。

 

悪性関節リウマチの1年間の受診者数は、

およそ4,000人とされています。

 

関節リウマチ発症後、10年以上経過した病歴がある者に発症しやすいとされています。

 

類似疾患はこちらも
若年性関節リウマチ(若年性突発性関節炎)とは?関節リウマチとの違いは?

 

 

 

悪性関節リウマチの原因は?

関節リウマチと同様に、

明確な原因は分かっていません。

 

しかしながら、

家族内発症を認め、発症しやすい体質を遺伝するのではないかと言われています。

 

その病態は、関節リウマチよりも、免疫異常を強く認め、

抗リンパ球抗体に関しては、関節リウマチの3倍以上の陽性率を示すそうです。

 

 

 

悪性関節リウマチの症状は?

悪性関節リウマチの症状は、

既存の関節リウマチの関節症状に加えて、

・体重減少
・紫斑
・間質性肺炎
・胸膜炎
・多発単神経炎
・消化管出血
・心筋梗塞

などの症状または、合併症を認めるのです。

全てが同時に出現するわけではなく、人によって出現する症状は異なります。

関節リウマチの症状はこちら
関節リウマチとは?どのような症状がある?

 

 

 

悪性関節リウマチの治療は?

悪性関節リウマチの治療方法は、

既存の関節リウマチの治療に加えて、病態や重症度によって、

さらに治療が追加されます。

 

ここでいう治療とは、

主に【薬物療法】を指します。

 

関節リウマチの薬物療法はこちらを参照
関節リウマチの薬物療法!生物学的製剤とは?

 

 

 

まとめ

今回は、「悪性関節リウマチ」について解説しました。

関節リウマチをより強力にしたような症状を呈すため、

予後も不良とされています。

原則として寛解するまでは入院が必要であり、その間には、呼吸器や感染症、心臓や腎臓の不全に大変注意が必要です。


スポンサーリンク
Pocket