後十字靭帯損傷の徒手的検査法とは?

    
Pocket

スライド25

後十字靭帯損傷は、膝関節の安定に寄与する後十字靭帯の損傷です。

診断には、画像診断(MRI)が用いられますが、

徒手的検査法でも鑑別が可能です。

スポンサーリンク

後十字靭帯損傷は、

“大腿骨の後方から脛骨の前方へ付着する後十字靭帯の損傷”です。

前十字靭帯と交差するように巻きつく後十字靭帯は、

前十字靭帯の2倍の大きさと、2倍の力学的強度を有します。

そのため、簡単に損傷するものではなく、多くは、

・交通外傷
・スポーツ外傷

など、激しい衝突が受傷機転となります。

後十字靭帯損傷に関する記事はこちらもどうぞ
後十字靭帯損傷とは?原因や症状、その治療法は?

 

後十字靭帯損傷の診断方法には、

「受傷機転」や「炎症症状」の徴候からある程度の判断は可能ですが、

確定診断には、【MRI】が用いられます。

しかしながらそれだけではなく、

徒手的な検査方法にて診断が可能です。

特に理学療法士などの徒手療法を生業とする人は、

是非とも熟練をしたいところ。

そこで今回は、後十字靭帯損傷の徒手的検査法を紹介します。

前十字靭帯損傷の徒手的検査法はこちら
前十字靭帯損傷における徒手的検査法とは?


スポンサーリンク

後十字靭帯損傷の徒手的検査法

後十字靭帯損傷の徒手的検査法には、代表的な方法として以下の方法があります。

・サギング徴候
・グラビティーテスト
・後方引き出し徴候
・reversed jerk test
・後外側回旋不安定性テスト

 

サギング徴候

肢位:背臥位で膝を90°屈曲して膝を立てる
判別:健側と比して、脛骨上端が陥凹していれば【陽性】

スライド26

 

グラビティーテスト

肢位:背臥位で膝、股関節ともにを90°屈曲となるように足部を保持する
判別:健側と比して、脛骨が重力で下方へ落ち込んでいれば【陽性】

スライド29

 

後方引き出し徴候

肢位:背臥位で膝を90°屈曲して膝を立てる
操作:脛骨上端を保持して前後動揺を確認する
判別:後方への不安定性があれば【陽性】

スライド27

 

reversed jerk test

肢位:背臥位とする
操作:一方の手で膝を把持し、膝関節を45°以上屈曲させ、他方の手で下腿を外旋させる。さらに、膝に外反力を加えながら徐々に伸展させる
判別:完全伸展となる直前に「カクン」とする整復感で【陽性】

スライド28

 

後外側回旋不安定性テスト

肢位:背臥位で膝を90°屈曲とする
操作:脛骨上端を保持し、後外側方向への動揺性を確認する
判別:腓骨頭が後外側へ偏位すれば【陽性】

スライド30

後十字靭帯損傷のリハビリテーション
後十字靭帯損傷の保存療法!リハビリテーションの方法は?

 

 

まとめ

今回は、後十字靭帯損傷の徒手的検査法を紹介しました。

いずれの方法も、筋の防御性の収縮を極力抑制した中で行う必要があります。

そういった意味でも熟練した技術が必要かもしれません。


スポンサーリンク
Pocket