大腿骨頭壊死に対する手術療法とは?

    
Pocket

スライド10

「大腿骨頭壊死」は、

股関節の付け根の部分である、

大腿骨の骨頭が壊死する疾患です。

 

病状の進行は個人差がありますが、

最終的には【手術療法】が選択されます。

 

スポンサーリンク

 

大腿骨頭壊死は、

大腿骨の骨頭が、何らかの要因で壊死し、

次第に脆弱化することによって圧壊する疾患です。

 

多くは、

ステロイド薬による影響や、

長年にわたるアルコールの摂取が原因となっていると言われています。

 

大腿骨頭壊死の原因症状はこちらを参照ください!
大腿骨頭壊死とは?その原因や症状、治療法は?

 

そんな大腿骨頭壊死ですが、

症状が進行すると、荷重関節としての本来の股関節機能を果たすことができず、

【手術療法】に至ります。

 

そこで今回は、大腿骨頭壊死に対する手術療法について解説します。


スポンサーリンク

大腿骨頭壊死に対する手術療法とは?

大腿骨頭壊死に対する治療は、

予後が良いと判断できる場合には、「保存療法」が適応となります。

 

しかしながら、症状の進行や骨頭部分の圧壊が予測される場合には、

【手術療法】が選択されます。

 

大腿骨頭壊死に対する代表的な手術療法は、以下の二種類です。

・関節温存手術
・人工股関節全置換術

 

なお、関節温存手術の中にも幾つかの方法が存在します。

 

 

 

関節温存手術

関節温存手術は、比較的若く、股関節の可動性も高い人に適応となります。

いわゆる“骨切り術”と言われ、

骨を切ることで骨の角度を変え、骨の壊死した部分に体重がかからないように修正する方法です。

 

具体的には以下のような方法があります。

 

 

【大腿骨内反骨切り術】

大腿骨頭荷重部外側に残存している健常部を、

荷重部に移動させる方法です。

脚の短縮骨癒合不全などの合併症が少ないと言われています。

 

 

【大腿骨頭回転骨切り術】

圧壊によって亜脱臼位となってしまった骨頭を、

求心位に修正することによって、関節の安定性を得る方法です。

大腿骨頭の荷重部位が大きく変化することから、

術後の後療法は、骨梁のリモデリングを待つ必要があると言われます。

リモデリングって何?
骨折の治癒過程「リモデリング」とは?

 

 

 

人工股関節全置換術

人工股関節全置換術(THA)は、

壊死した大腿骨頭と、臼蓋を人工のインプラントに置換する手術です。

 

術後早期より歩行が可能であり、

病院の方針にもよりますが、2週間から4週間程度で退院が可能です。

 

ただし、幾つかの合併症が存在することや、

人工物の耐久年数が20年程度とも言われているため、

再置換が必要となる可能性も考慮しなければなりません。

 

人工股関節全置換術後の合併症やリスクはこちら
人工股関節全置換術後の脱臼の原因や時期は?
人工股関節置換術のリスクや合併症は?脱臼や血栓に注意!

 

 

 

まとめ

今回は、大腿骨頭壊死に対する手術療法について解説しました。

関節温存手術は、適応の幅が小さいこともあり、その手術機会を逃さないことが重要です。

ただ、関節温存術がならない場合でも、人工股関節全置換術を行うことで予後は良好と言われています。

 

大腿骨頭壊死のリハビリテーションの記事はこちら
大腿骨頭壊死のリハビリテーションとは?


スポンサーリンク
Pocket