「大腿骨骨幹部骨折」の原因や症状、その治療方法は?

    
Pocket

スライド12

“大腿骨”は、

太ももを形成する人体最長の骨です。

 

体重を支持する骨だけあって、

中央の”骨幹部”は高い強度を誇ります。

 

この大腿骨の中央部の骨折を、

【大腿骨骨幹部骨折】と言います。

 

スポンサーリンク

 

“大腿骨”は、

人体を支持する下肢の中でも、

もっとも長く、そして強固な骨と言えます。

それだけに大腿骨の中では、“頸部”“転子部”などの骨折が好発しますが、

骨幹部の骨折は頻度は少ないです。

大腿骨頸部骨折とは?原因や症状は?治療方針は?
大腿骨転子部骨折とは?手術の種類は?骨接合術ってどんな手術?

 

 

「大腿骨骨幹部骨折」は、

“交通事故などの強力な外力によって生じる外傷性の骨折”です。

(繰り返されるストレスによる疲労骨折も存在する)

 

 

若年者においては、上記のような交通事故が多いものの、

骨粗鬆症などを有する高齢者には、

軽微な転倒などでも受傷することがあります。

高齢者に頻発「骨粗鬆症」の原因は?ホルモンが関係?

 

 

今回は、「大腿骨骨幹部骨折」の原因や症状、その治療方法などを解説します。


スポンサーリンク

「大腿骨骨幹部骨折」とは?

「大腿骨骨幹部骨折」は、

大腿骨の中央部分にあたる“骨幹”の骨折です。

 

スライド02

 

大腿部の中央部に位置しており、

皮質骨で構成され、円筒形かやや弯曲を呈している部分です。

 

 

 

「大腿骨骨幹部骨折」の原因(受傷機転)は?

大腿骨骨幹部骨折の受傷機転は、

 

成人の場合、

交通事故や高所からの転落などによる

高エネルギーを受けた場合に生じます。

 

一方で、高齢者の場合、

転倒などによる軽微な外傷においても受傷することがあります。

このような場合は、“骨粗鬆症”などを有している場合が殆どです。

高齢者の骨折の特徴は?好発する4大骨折部位とは?

 

また、小児の場合、

残念ながら虐待などで意図的な力が加わった際にも

生じることがあるようです。

小児の骨折の特徴とは?

 

 

 

「大腿骨骨幹部骨折」の症状は?

大腿骨骨幹部骨折を受傷すると、

激しい“疼痛”をはじめとして、

腫脹や熱感、発赤などの基本的な「炎症症状」が生じます。

 

ほぼ間違いなく、下肢で身体を支持することは不可能で、

歩行は困難となります。

 

さらに、大腿骨には多くの筋が付着しており、

骨折部より遠位に付着する筋の牽引力によって、

“変形”をきたすことがあります。

 

大腿骨の骨折はこちらも注意が必要です。
大腿骨頸部骨折の手術療法の種類は?人工骨頭置換術とは?
大腿骨転子部骨折に対する骨接合術「CHS法」や「ガンマネイル法」とは?

 

 

 

「大腿骨骨幹部骨折」の治療法は?

大腿骨骨幹部骨折では、

成人の場合には基本的に“手術療法”が行なわれます。

(小児の場合は、自己矯正力があるため保存療法が適応となります)

 

手術療法は大きく分けて

・髄内定固定術
・プレート固定術

に大別されます。

 

術後は、手術部の固定力の状況にもよりますが、

基本的には、

免荷期間を経て、部分荷重そして全荷重へと進んでいきます。

 

同時に、関節可動域訓練や筋力増強訓練といった、

【リハビリテーション】を実施します。

「大腿骨骨幹部骨折」のリハビリテーションとは?

 

 

 

まとめ

今回は、「大腿骨骨幹部骨折」の原因や症状、その治療方法などを解説しました。

高エネルギーでの受傷ということもあり、

他部位の骨折を合併していることもあります。

 

また、遷延治癒(骨癒合が遅い)や偽関節などのリスクもあり、

入院期間が長期となることがあります。

 

じっくりとリハビリテーションを行わなければ、

日常生活における歩行に障害をきたすため、

焦らずに、治療に専念しましょう。


スポンサーリンク
Pocket