「ガングリオン」って何?治療の必要性はある?手術で治る?

    
Pocket

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%8915

手の甲や親指の付け根に“プクッ”と膨らんだシコリが出来たことはありませんか?

活動性の高い女性に生じると言われる

「ガングリオン」かもしれません。

 

これって、治療が必要な怖い病気なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「ガングリオン」?

何かのロボットかと思わせるようなネーミングですが、

これは、運動器系の疾患の一つです。

 

 

「ガングリオン」は、

手関節周囲に発生する“シコリ”であり、

ゼリー状のどろっとした液体が中に溜まっています。

 

 

手首だけでなく、

膝関節の半月板や、脊椎の椎間板などの軟骨組織の周囲にも発生すると言われています。

一般的に20代から50代の活動性の高い女性に生じやすいと言われています。

 

 

通常は、触ると柔らかい程度の硬さですが、

場合によっては、非常に硬いものから、

ピンポン球くらいの大きさになることもあります。

 

 

ここで気になるのは、

「これって悪いものなの?」

「治療の必要性があるの?」

なんてことに悩んでしまうことも少なくありません。

 

 

そこで今回は、「ガングリオン」基本的な特徴や、その治療の必要性手術の方法などについて解説します。


スポンサーリンク

「ガングリオン」って何?

「ガングリオン」とは、

“透明なゼリー状の液体が溜まってできるシコリ”です。

 

その成分は、“関節液”と言われています。

 

一般的に20代から50代の活動性の高い女性に生じやすいと言われています。

手首の周辺にできやすいものの、

必ずしも手首を多く使う人に生じやすいというわけではありません。

 

 

 

「ガングリオン」の原因は?

「ガングリオン」は、

“関節液の貯留”がその実態ではありますが、

実は、その関節液が貯留する詳しい原因は分かっていないようです。

 

仮説ではありますが、諸説あり、

・関節の使いすぎによる貯留
・衝撃などの外傷からの防衛機能
・精神的なストレスによる血行不良

などが考えられています。

 

 

 

「ガングリオン」の症状は?

「ガングリオン」は、

主に手首の周囲に生じやすいのですが、

その大きさや硬さは人それぞれであり、

中には、ピンポン球大までに肥大することもあります。

 

また、無症状のことも多いガングリオンですが、

中には、シコリが大きくなって神経を圧迫したり、疼痛が生じることもあります。

その際には、痺れや運動麻痺が生じる可能性もあります。

 

 

 

「ガングリオン」は治療の必要性がある?

「ガングリオン」は、

先にも述べたように無症状のこともあります。

 

また、通常は良性であるため、

実は“治療の必要性はない”のです。

そのまま自然に治ってしまうことも多いのが事実です。

 

ただし、神経症状が出現したり、

あまりに肥大したためにぶつかって疼痛が生じるようであれば、

受診し、治療の必要性があります。

 

若い女性が発症した場合には、

美容の面からも治療の必要性が出てきますね。

 

 

 

「ガングリオン」の治療方法は?

「ガングリオン」に対する治療方法には、

代表的なものとして以下の4つが挙げられます。

 

 

 

穿刺

注射によって、シコリの中の関節液を吸引し、排出する方法です。

治療費は安価で簡便であり、何度か繰り返すことで消失することがあります。

ただし、再発しやすいという欠点もあります。

 

 

 

圧迫治療

圧迫治療は、ガングリオンを圧迫して圧し潰す方法です。

特殊な機器を用いないため、安価で簡便です。

 

ただし、ある程度の技術を要するため、

個人の判断で行わず、医師による治療が必要です。

穿刺と同様に再発しやすい欠点があります。

 

 

 

レーザー治療

レーザー治療は、低出力のレーザーをガングリオンに照射して消失させる方法です。

特殊な機器を要するため、可能である病院が限られるのと、

費用が高価になること、何度か通院をして治療を行う必要性があるなどの欠点もあります。

 

ただし再発しにくく、痛みやかゆみなども伴いません。

 

 

 

手術療法

手術療法では、ガングリオンそのものを丸ごと切除します。

再発率も低く、通常は日帰り手術が可能です。

 

場合によっては、傷跡が残ることや、

治療費が高いことが欠点と言えます。

 

 

 

まとめ

今回は、「ガングリオン」の基本的な特徴や、その治療の必要性、手術の方法などについて解説しました。

このような腫瘍は「ガングリオン」のみならず、脂肪腫などでも生じることがあります。

 

「もしかしたら癌かしら….」

そんな心配を解消するためにも、気になる場合には受診することをお勧めします。

その場合は、皮膚科もしくは、整形外科を受診するようにしましょう。


スポンサーリンク
Pocket