踵骨骨折の診断方法や分類方法とは?Sanders分類って?

    
Pocket

スライド18

踵骨は、「踵」の骨です。

踵の骨は立位ならず、歩行時においても

床面と接する部分であり、非常に重要な骨です。

そんな踵骨も、強力な外力によって骨折することがあります。

診断や重症度分類によって、治療方針が決定します。

スポンサーリンク

踵骨は踵の骨で、体重を支えるために重要な骨です。

踵骨骨折は、

“高所からの転落や、その際の着地などの高エネルギー外力によって損傷”

します。

事実、90%以上が高所からの転落などによって生じています。

踵骨骨折についての詳しい記事はこちら
踵骨骨折とは?受傷機転や症状、治療方法は?

 

踵骨の構造は、

硬い皮質骨の中に、柔らかいスポンジのような海綿骨と呼ばれる骨が詰まっています。

強い外力によってこれらの骨は粉砕することがあり、

骨のズレのみならず、

足関節ごと転位することもある恐ろしい骨折です。

 

踵骨骨折の治療は、

関節面のズレや骨折線の形、骨折数などによって

・保存療法
・手術療法

いずれの方法かが選択されます。

 

外傷の重症度によって治療方法や予後が異なるので、

これらを正しく選択するためには、正しい診断が必要です。

そこで今回は、

踵骨骨折の診断方法や分類方法について解説します。

踵骨骨折のリハビリテーションはこちら
踵骨骨折のリハビリテーション方法とは?後遺症は残る?


スポンサーリンク

踵骨骨折の診断方法は?

踵骨骨折の診断方法に用いられるのは、

【画像診断】

です。

 

一般的に、画像診断といえば、

「X線(レントゲン)」が行われます。

当然、X線写真によって、骨折の部位、骨折線の数、骨のズレなどを診断することが可能です。

 

しかしながら、より正確な診断をするためには、

【CT像】などが有効であり、実際に用いられる場合が多いです。

 

 

踵骨骨折の重症度分類は?

踵骨骨折の重症度分類には、幾つかの種類があります。

 

簡便かつ治療上、有効であるものとして国内外問わず用いられているのは、

【Essex-Loprestiの分類】です。

これは、関節内骨折を踵骨隆起と後距踵関節面が一体となって骨折する舌状型と、

後距踵関節面の一部もしくは全部が踵骨隆起と独立して骨折する陥没型とを分類できます。

 

また、最近では、CT像による骨折分類法で、

後距踵関節の損傷の把握に優れている

【Sandersの分類】が頻用されています。

 

 

まとめ

今回は、踵骨骨折の診断方法や分類方法について解説しました。

踵骨骨折は、幾つかの骨が複雑に重なり合う足関節を構成している骨の一つであって、

治療が非常に難しい外傷の一つとして数えられています。

それだけに、診断の確実性が治療だけでなく、その予後を決定する可能性も大いにあり得るのです。


スポンサーリンク
Pocket